「ストーリーとしての競争戦略」と「学習する組織」が似ている

こんにちは。ヤマヤタケシです。
組織の話とかとかビジネスの本は、色々分解して語る本が多いのですが、むしろ統合が大事!という内容の本を読んでいます。
この2冊は別のきっかけで読み始めて、どちらもぜんぜん途中なのですが、内容が似ています。
別の本で似たようなことが書かれていると信ぴょう性が増します。

実際のところ、ストーリーを語るとか、サイクルを描くとか、プログラムに似ています。
構造とそれを結びつける流れを作るのがビジネスプランというか事業計画なんだろうなぁとぼんやりと感じています。

どちらも分厚いですが、面白いので読んで損はないと思いますよー。


そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。