「君を幸せにする会社」を読んで幸せになった。

まさに一気読み。
童話仕立ての立て直しのお話。
童話のようで、ビジネス的な意図をもった、いわば教材といえる。

優しい言葉で、動物のキャラクターたちが話す世界は、実に仏教的だ。

最終的には、実にスピリチュアル話になってしまうけれども、新興宗教のような胡散臭さがあるけれども、突き詰めるとそうなるのかもしれない。

説教臭くはなく、信じるとか信じないとかそういうことでもなく、ただ、物語として感動すればいいと思う。

様々な本に、様々な方法や考え方が乗っている。
しかし、人間としての基礎が成っていないと、どれも悪い方向にしか使えないということ。

技術は刃物に代表されるように、使い方を間違えるといいことがない。

その、使い方、使い方を決める基準というものをこの本からは学べた。

動物キャラクターは、イメージしやすくていいなぁ。
話の筋に集中できる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。