まだ、楽して儲けたいので考える

こんにちは。ヤマヤタケシです。
前回、エネルギーが切れてしまったので再スタートです。
「楽して、儲けたい!」

ん?
儲けるって言葉には「楽して」が入っている気がしました。

よし、シンプルに、「儲けたい!」

お金を手に入れるには、価値を誰かに提供する必要があります。
誰かとは、お金を持っている人、持って無くても借りられる人、そのうち入ってくる人。

個人が提供できる価値はなにか?
肉体(臓器、ビジュアル、性的ななにか)
労働(スキル×肉体×時間×信用)
信用(推薦したり、お知らせしたり)
リスクの引受け(保証人になったり)
知識(教えたり、利用したり)
お金(貸したり、投資したり)
権利(著作権、土地、有価証券)

サラリーマンをやっていると、労働と引き換えにお金をもらっています。
サラリーマンを辞めないで、何かをやるには労働以外を提供するしかありません。

著作権で収入を!
ブログをこうやって書いているのも著作権を積み上げているという側面もあります。
まだまだ、ぜんぜんですけど。

株で収入を!
株も多少は買っていますが、あんまり儲かりません。
100万円くらいで、リスクを抑えたやり方をしているので、ちょっとだけしか儲かっています。

プログラマらしくプログラムを売るってのはなかなか魅力的です。
スキルもあがるので、労働価値も上がります。
良いことづくめ!
しかし、休日は燃え尽きてるんですよね。
労働力の維持には回復のための休日が必要なんです。
つまり、休みにまでプログラムやりたくない!
しかし、労働者のまま行きていくのか?
なんかヤダ。
じゃあ辞めたら?
それもなぁ。
いっとき無職やりましたけど、精神的に安定しないし、なかなか、幸せではありませんでした。

プログラミングは好きです。
勘違いしないでほしいのは、仕事として好きってことです。
ノーギャラなら、
ドラマみる方が好きだし、
音楽聞くほうが好きだし、
みんなで酒飲んでる方が好きだし、
ギターかき鳴らしたり、
電子楽器いじったりする方が好きです。

思いついた!

休日にUnityのプラグインを開発するってのもありかもしれませんが、開発じゃなくて、それを評価するのです。
プラグインは買わないと試せないものも多いので、ちょっと二の足を踏みます。
会社の仕事であれば、$50は安いのですが、個人にとっては思い切った出費になります。
会社にしたって試しに買うってのは通りにくいでしょう。
そういう人って多いと思うので、忌憚ないレビューは有用です。
有料情報に値します。

もしプラグインを開発するとしても、市場調査にもなるし、プラグインUnity力もあがるし。
プラグインのソースはとても勉強になるし。
例えば100万円を自己投資するなら、Unity Asset Storeで100万円分買って評価するってのは、今の状況としては悪くないアイディアです。
英会話に行ったり、株を買ったりするよりも効果が高そうです。
100万円は過剰投資かな、30万円くらいでも十分かもしれません。
AssetStoreにあるものを組み合わせて売れるゲームが作れるか?という実験もしてみたいし。
1つの記事を作るのに1時間くらいで収まればいいのですが、まあ、もっとかかるかなぁ・・・。
1石X鳥こそが良い企画です。

懸念点も色々あります。
1. 売上が低そう
 有料記事はどれぐらい浸透しているのか?
自分自身がそういうのにお金を払ったことがありません。
 Unityのプラグインはかなりニッチです。
 ダイエットとか、健康とか、そこまでビッグ市場じゃないにしても、もう少し大きい方が良いかも。

2. アップデートの問題
AssetStoreからなくなったり、バージョンアップしたり、そういうのについていけるのか?
古くなった情報だと、金返せってなりますね。

うーん、売上が低そうってのは致命的です。
まだまだ考えましょう。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。