カセットテープが100円ショップで人気らしいです。

こんにちは。ヤマヤタケシです。
とにかく、テクノロジーの進歩と人類の進歩の速度の違いすぎててそのギャップに驚いています。


子供のころから、近年のテクノロジーの変化が早いといわれています。
ドッグイヤーとか、騒がれていました。
当時は、ふーん、ぐらいにしか思っていませんでしたが、確かに人類のここ100年の技術進歩は目覚ましいです。
ヤバいです。
異常です。
ろうそくの炎が消える直前に一瞬明るくなる現象だったりして?

とにかく、テクノロジーの変化が激しすぎます。
音楽を聴きたいという、僕の欲求は変化していないのですが、
音楽を聞くための媒体は凄い変化をしています。

カセットテープ→CD→MD→MP3プレイヤー→iPod→iPhone
です。
世の中はカセットの前にレコードがあります。

お年寄りの多くはどうやらカセットテープの時代で止まっているそうです。
100円ショップの売れ筋商品のひとつにカセットテープがあるそうです。
確かに、うちの親もCDはぎり使ったかなぐらいです。

普通の人の、録音したいという欲望に関しては、録音機能があるラジカセが一番簡単ですね。今でも。
ICレコーダーやMDやiPhoneは、他の誰かにその録音した音を渡したいときにいちいち面倒で、難易度が高いです。
メディアが乱立しているし、データ形式も乱立しているし、取り出し方もいろいろだし、ほぼ失敗するでしょう。
企業の囲い込み戦略によって使う人はひどい状況におかれていますね。

ためしにiPhoneのボイスメモをgmail宛に送信して、MacBookで聞いてみました。
iPhoneのボイスメモは、m4aなんですね。gmailでは再生できないようで、一度ダウンロードが入りました。
MacBookだから普通に聞けましたけど、本当はwavやmp3形式の方が安心です。

もう、お年寄りにやってみてと言えない絶望感があります。
老人に「わしの朗読を、隣町の孫に聞かせたいんじゃ。どうしたらええかのぉ?」と言われたら、「カセットテープに録音して、郵便で送りましょう」と言います。
「スマホもってるの?じゃ、それでなんかそれっぽいアプリで、そのアプリ独特の操作で録音して、孫のPCか、スマホかにメールで送ればいいよ。孫のメアドしってるよね?あ、たぶんガラケーは無理だよ。でもm4a形式だと、まあ聞けるとは思うけど自信はないなぁ」

構成要素がいろいろありすぎて、「孫がじいちゃんの朗読を聞く」という本来の目的を見失いそうになります。
郵便みたいなレガシーなシステムは遅いし、高いのですが、信頼性と普及率はとても高いので、個人がたまに利用するのであれ良いものです。

「新しい」とそれだけでプレミアムがつきますけど、冷静にプレミアなしの価値をちゃんと見抜ける目が重要ですね。
精進します。

そんじゃまた。

カセットテープが100円ショップで人気らしいです。” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。