ビジネスの難易度は、弱者相手の方が低い。

こんにちは。ヤマヤタケシです。


クリックありがとうございます。

ビジネスは勝負だ!って最近考えるようになりました。
プログラムができるならやれば良いじゃない。
なにも、高いお金を出して買わなくてもさ!

人間の能力はいろいろなので、いつでも弱者ってわけでもないし、いつでも強者ではないです。もちろん、なにをやってもダメなやつとか、なにをやっても人並み以上な人もいますけど。例外はあります。
それでも、普通の人間なら長年突き詰めると、そう簡単には真似できないレベルに到達します。その分野で圧倒的強者になれます。10年がんばりましょう。

とはいえ、強者っていっても大げさな話ではなく、五体満足で健康であるだけで十分強者です。コンビニでレジをやるのもできない人にはできません。

バカから金毟るのは見ていて不愉快ですね
「不愉快」なことに違和感を感じました。
しょうがないじゃん。
自覚的にやるか、無自覚にやるかは別にして、世の中の理です。
その筆者だってなにかで収入を得ている訳ですし、その分野では強者でしょう。
せいぜい、割引をして罪悪感を減らしていただきたい。

自己啓発にハマる人間は、笑えるぐらい搾取しやすい
こっちの方は自分的には突き刺さったりします。
富山プログラミング勉強会たるものを積極的にやっているだけに、思い当たる所が多々ある訳です。自信がないとか、もう本当に正解!別に弱者を搾取するためにやっている訳じゃないですが、自信がないから仲間を集めようとしているのは的を得ています。

自信がある人は精神的に強者だし、なければ精神的な弱者です。
不安につけ込まれて無駄に高い保険に入ったりすると、生活が苦しくなるでしょう。
プログラムができるなら、できない人からお金をもらってプログラムをやりましょう。そしたら、稼げます。

まとめると、強者とか、弱者とか、時と場合と相手によって変わる相対的な話なので、うまく立ち回りましょう。

そんじゃまた。

軽い気持ちで有名になりたいのでクリックをお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。