プログラマの給料はもっと上がる!俺が安いだけかもしれないけど。

こんにちは。ヤマヤタケシです。


クリックありがとうございます。

 俺は、小学校の高学年からマイコンベーシックでゲームを入力してプログラミングを覚えました。その後、中学、高校、大学、会社、無職、派遣と人生の中心にいつもプログラミングがあります。だから、最近まで気づかなかったのです。普通の人ってプログラミングしません。自分にとってプログラミングを書く事は、ブログを書く事よりも自然な事なので、ふと忘れていました。かなり特殊なスキルですね。
 ある日、経営者が会社の業務を改善にパソコンを活用すれば良いのでは?と考えたとしても、システムとかソリューションとかで宣伝している会社に電話をして、見積もりをとるのでしょう。そこに、システム屋の強みがあったのです。今更過ぎる話ですけど、てっきり俺はそこで経営者はプログラミングを始めるのかと思っていました。

 たまたま、人生の多くの時間をプログラムをする連中と過ごしているからふと忘れそうでしたが、結構少人数です。これから商売を始める人とか、世代が交代したひととか、中小企業の中はまだまだシステム化をする余地があるのでしょう。普通の会社にとって、システム化は経営改善の手段です。結果的にコストが削減されたり、売り上げを増やすための投資です。費用対効果が重要です。金の話です。割高なシステムを入れると損をするでしょうし、業務の手順も変えないとシステムは活きません。その辺りは、Change The Ruleっていう小説が分かりやすかったです。オススメです。経営者の皆さんはシステム屋に発注する前にThe Goalから順番に読みましょう。

 なんというか、自分のスキルとか経験とか冷静に分析すると結構凄いなって思ってます。たぶん、新卒で就職して一心不乱に今日も遅くまで働いているプログラマのみんなはそれに気づいていないと思うし、俺もやめてうろうろして気づきました。だから伝えたいのです。プログラマのみんな、もっと給料は上がるよ!

 残念ながら自由契約な世の中なので、誰かが安く働けば相場は下がります。団結すべきですね。経営者がやるとカルテルですけど、労働者がやるときは労働組合であり正当な権利です。ヨーロッパとか先進国は、同業者で労働組合を作ってます。今の日本は会社単位ですけど、派遣や期間雇用が進んでいるので今後は変わるでしょう。大企業の中身は典型的な労働者なんていません。下請けや派遣を管理するのが仕事なので俯瞰すれば管理職です。新卒採用を押さえて、定年を延長しているのでその流れは止まらないでしょう。
 

 いつも俺は矛盾しています。経営者の視点と労働者の視点、ふらふらしています。今回の記事もどっちかにとんがった方が切れ味が良いのでしょうけど、今は週末起業な状態なので、派遣労働者であり、個人事業主で、しょうがないですね。経営者としてとんがったならば、労働組合を作ろう!なんて口が裂けても言わないでしょう。安く働いている連中は、そっと安いままにしておくべきです。次は俺が使う番かもしれませんからね。

そんじゃまた。

軽い気持ちで有名になりたいのでクリックをお願いします!

本当にオススメです!