マスコットアプリ文化祭2017に勢いで参加する(2)【動画付き】 #東北きりたん

こんにちは。ヤマヤタケシです。
マスコットアプリ文化祭に勢いで参加するために、勢いでUnityでゲームを作っています。
2日目、なかなか着手するのが面倒になってきました。
勢い、勢いをつけるんや・・・。
やるぜー!
— ここから先、作りながらのメモです。—

Input.anyKeyでパタパタアニメーション。
ちょっとでも動くといいね。
上下にふわふわさせよう。
画面の端っこで止めたり、反射させたりしないとな・・・。
うーん、キャラの中でやるよりは、やっぱStageクラスを作るか。
上下左右に壁があるし、反射させるときは法線計算して、速度を分解させて、反射させて・・・。
ぐぬぬ、めんどくせー。
昔やったことはもうやりたくないんです。
ためしに、UnityのPhysics2Dを使ってみるかなぁ。
FixedUpdateだっけ?力をいじるには…
え?ConstantForce2Dを使えば楽?
うぉぉ、簡単。
この度、Physcs2dを全面的に採用することに決定いたしました。
デフォルトの重力で十分楽しい。

やっぱ、炎のエフェクトは出したい。
Gimpで描こうかな。
うぉぉ、下手すぎるし、時間が浪費されていく・・・。
AssetStoreでいい感じのないなね?
あった。Free。かっけー。採用。

炎のテクスチャをスクリプトにぶら下げて、パターンを切り替えるか・・・。
パターン切り替えめんどくせー。
え、まとめてシーンにポイってするとAnimation, Animatorが自動で作られるって?マジ?
試しに、ポイっと。
できた・・・。
こえー。Unityこえー。
炎の角度を調整すればできあがり。
うむ、今日はここまでにしておこう。
—–
ということで、せっかくなので動画をキャプチャーしました。

そして、更新されたTODOはこちら。
DONEが本日の進捗です。

そんじゃまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。