俺のプログラムの大部分はステートマシンで表現されている

こんにちは。ヤマヤタケシです。
プログラミングやってます。

ステートマシンというちょっと大げさな言葉があります。
FSMと略したりします。
日本語で言うと「状態機械」です。

ステートマシンをうまく使うと色々すっきり書けます。
ステートマシンを使わない場合は、フラグをつかう事になります。
とか、昔もこのブログで書いたことあるきがしてきました。
まあ、Unityをつかうようになってもステートマシンは手放せないんです。

オレオレステートマシンというのは、1ステート=3メソッドと、Update, Changeで作られています。
状態を変化させると、終了、初期化、が呼ばれます。
中途半端な隙がありません。
まあ、大したコードではない割に便利なので、ここに公開します。

クラスAはWait状態とLaser状態があります。
ステートマシンに登録して、切り替えます。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。