失業中の健康保険の任意継続の予想外の支出

こんにちは。ヤマヤタケシです。
red-26790_640

さて、絶賛失業者中でございます。
今日、任意継続中の健康保険料を支払ってきました。
いろいろ思うところがあったのでお伝えいたします。

いきますよ。せーの。

支払い方法が、窓口だけ!
で、手数料が840円!?
たっか!
まじですかー!

以上です。

これを継続期間2年で、24回ともなると840 * 24 = 20,160円なり!

・・・本当ですか?

ということで、電話をしました。

「あのー、これってネットやATMの振込でできないのですか?」
できません。
物理的にはできるのですが、お客様のメリットとして、手元に支払いの証拠が残ることと、こちらに支払いの通知来るのでそういう運用になっています。

「本当に840円の手数料を強いるのですか?」
都市銀行さんには営利目的ではないのでということで、お願いして手数料を無料にしてもらっています。

「富山県内に都市銀行の支店がほぼ無いのですが?」
申し訳ないのですが、地方銀行さんでは手数料はかかってしまいます。

「今後、ネットの振込だと無料や200円ぐらいなので、改善をお願いします。」
まとめて納める制度がありますので、そちらだと割引もありますし、手数料も一回で収まりますので、ご検討ください。

ですって!
イマドキ、紙ベースですか。そうですか。
面白くもなんともない支出は減らせるだけ減らしたいので、考えないといけませんね。

一年分を前納制度でおさめると?
年4分の割引と、手数料をあわせると24,940円が得になります。
やるしかない!

あ、でも、どっかのタイミングで、国民健康保険料もグッとさがるときがくる?
いつ?いくら?
これは、役場で聞いてくるしかないのかなぁ・・・。

何かの参考になれば幸いです。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。