少しは東京から富山に引っ越してくれば良いのに。

こんにちは。ヤマヤタケシです。
東京に出て行く若者は、すごい思い当たるのですが、東京から富山に移り住んだという話は全然聞きません。

どう考えても、バランスがおかしいのです。
知ってる範囲でも、富山から10人ほど、東京に就職やなんだで引っ越しています。
富山からは10人減ります。
しかし、東京から、富山には引っ越して来た人を僕は知りません。
本当に0人です。

つまり、富山→東京の一方通行なのです。

これは、たまたま自分の見えている範囲だけの現象なのか?
それとも日本全体としての傾向なのか?
統計的にはいかに?
という事で、出生率を「図録・都道府県の合計特殊出生率」で確認しました。
東京は、ぶっちぎりで最下位の1.06です。富山は1.37ですし、他の地域も似たような数字です。
しかし、
東京の人口の推移
を見ると東京の人口は増えています。

それが1.06なのに、人口は増えています。
これってヤバくないですか?
東京ではぜんぜん赤ちゃんが生まれていないのに、人口は増えています。

やっぱり人の流れは一方通行でした。

東京で人が増えて、田舎に出て行くという流れはありません。
田舎で育って、東京に出て、子孫は残らない。
なんだか切ない。

富山で子孫繁栄を目指すというのも良いね!って、相手もいないのに思っています。

そんじゃまた。

少しは東京から富山に引っ越してくれば良いのに。” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。