数えずの井戸ってのを読みまして

こんにちは、ヤマヤタケシです。
久々に小説を一冊読みました。
京極夏彦の怪談です。

嗤う伊右衛門
が、お岩さんで、
数えずの井戸
は、お菊さんです。
誰しもがちょっとは聞いたことのある有名な怪談が、京極テイストで再構成されています。
嗤う伊右衛門と似ています。いろいろと。
数えずの井戸の方が簡単です。張られた伏線の回収がわかりやすいです。嗤う伊右衛門は、2度目に読んだときに始めて裏を知りました。危うく知らず一生を終えるところでしたよ。

東京で読む時間的に陸続きな江戸の物語はリアリティを感じます。

そんじゃまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。