最近のMacのOSのアップデートが不満

こんにちは、ヤマヤタケシです。

MacOSのアップデート

今から、Mac Book ProのOSをクリーンインストールしようかなと思いながら、面倒な気分になっています。なぜそんなことをせにゃならんのだ。

それは重いから

Maverricsになってからプチフリーズが多発している。何かを操作しようとすると5秒ほどレインボーマークが出る。5秒で俺の集中力は途切れ、他の作業へ脳が移行しようとする。先送りになる。それは良くない。Snow Leopard が一番良かった。何の不満もなかった。そのあとうっかりLionにし、Mountain LionにしMavericksにした。今思えば、OSのアップグレードの後はだいたい動作が不安定なので、クリーンインストールしている。HDDの中身を一掃するので失敗すると泣いちゃうくらいにリスクが高い作業だ。仕事で使うこともあり、レスポンスは何よりも大事だ。

進化についていくのがしんどい

もちろん俺がオッサンになっているからのだけれども、Appleの進化についていけない。というか、ついていく動機がない。主体性を取り戻せ!ってことでもある。気がついたら、アップデートばかりしているし、アップデートした後にはトラブルがついてまわる。それを解決し終わったころには、また次のアップデートだ。なんだろうこの無限地獄のような人生の浪費感は。

目的意識

なんのためのアップデートなのか?どうも、俺のためではなさそうだ。目的意識を持てば持つほど、パソコンという道具が面倒になる。小説家が同じワープロをずっと使い続ける気持ちもわかる。あくまでも道具であり、道具は熟練し、長持ちして欲しい。そう、コロコロ変化されると扱いづらいにきまっているじゃないか。

アップデート

アップデートのお知らせがあると、ついついクリックしてしまう。流されやすいし我慢ができないことは反省している。そもそもそんなお知らせなんか見たくない。面白くもおかしくもなく、ただ時間を取られるのだ。時間は重要というか、人生は時間が全てだ。セキュリティのアップデートは必要だろうが裏でうまくやってくれ。結局、アップデートの後は喜びよりはしんどさが残る。Lionにアップデートしてトラックパッドの上下の操作が入れ替わったのは驚いた。いろいろと気を使ってくれるAppleにはアップデートの場合の設定は以前のOSと同じにして欲しかった。

Windowsもさ

XPで良かったし2000でも不満はなかった。XPのサポートが終了するとか、セキュリティが危ないとか、そもそも最初に欠陥商品を出荷したのが悪い。サポートは続けるべきだし、新しいOSを開発するよりはXPを完璧にすればいいじゃないか。すでにVista, 7, 8 と新規に開発しすぎだ。どのみちOSは複雑で巨大になっているのだから、時間をかけてアップデートすればいい。

UI

今はPCの買い替えタイミングで7にしたけど、すぐにデスクトップのテーマをクラシックに戻す俺にはあまり関係がない。大量のメモリを活用するためにも新しいOSをは必要だったが、UIはそのままで良い。7にクラシックテーマがなければキレているだろう。しかし、コントロールパネルは大幅に変わっていてとても残念な気分になった。UIを安定させるにはLinuxやFreeBSDなどをメインに使うしかないのだろうか?そんな理由で8に行く予定はないし、なるべく先延ばしにしたい。

スイッチングコスト

悪いUIでも慣れてしまえば気にせずに作業を進めることができる。バッドノウハウとも言えるが人間の適用だ。先が予想通りであれば見積もできるし、作業のストレスもない。仕事に不確定は極力入れたくはない。

アプリのアップデート

OSのアップデートは結局のところ、アプリケーションのためだ。アプリケーションが快適に動作すれば問題がない。OSという本来は土台であり、脇役であるべきものがしゃしゃり出過ぎなのだ。OSがアプリ化しているのが問題だ。OSはOSがとしての仕事を空気のように全うしてくれればいい。OSを商品として展開している企業にとってはそうもいかないだろうが・・・。
アプリケーションも基本的には最新のOSがターゲットに開発され、どこかで過去のOSを切り捨ててしまう。つまりOSのアップデートを拒否するということはアプリのアップデートも同時に拒否する事になる。

PCを増やすか?

技術が好きで、今でも好きで追いかけているけれども、道具には道具のポジションがある。仕事用のPCと技術調査用のPCをコストはかかるが分けるべきだ。あるいは、検証してくれているブログや記事を参考にし、軽い気持ちでのアップデートを控えよう。内容を確かめよう。セキュリティのリスクはルータでパケットをフィルタリングするなど、PCの外部にその機能をもたせよう。そんなことをユーザーに考えさせたり対策させるOSを作っている会社は、なんなのだ?敵か?毒を流し込む連中なの?

タイムマシーンが終わった

やっと、タイムマシーンがバックアップを終了した。この戯言もここで終了だ。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。