第1回Twitter Bot会議

 

20121210-103419.jpg

第1回Bot会議終了です!
いやー、最高に熱く盛り上がりましたね。

さすが、いまがピークのツイッター。
メディアとしては確立したと言っても過言ではないでしょう。

Botの話題からtwitter、メディア論にまで発展いたしました。

さて、参考にしたいBotは、
・切り取り線
・Amazonの新着情報
・ジョブズの名言
・偉人の名言
・よるほー(終了してた!?)
です。

いいなあと感じた気持ちを分析すると、「機能」×「デザイン」の面積が大きいからです。

以前、デザフェスでいろいろ見て回っていたときに、「欲しい」と「欲しくない」の気持ちの変化を自問自答していました。

「かっこいい時計」は、すごい欲しいけど、
「かっこいいイラスト」は、あまり欲しくならなかったのです。
つまり、「かっこいいイラスト」を「ふつうの時計」にくっつけると、欲しいものに変身するでしょう。
もちろん、「くっつける」のも技術が必要ですけどね。

前述のBotを分解してみます。

  • 切り取り線=「時報」×「ハサミ」
  • Amazonの新着情報=「新着情報」×「Amazon」
  • ジョブズの名言=「名言」×「ジョブズ」
  • 偉人の名言=「名言」×「偉人」
  • よるほー(終了してた!?)=「タイミングゲーム」×「ふくろう」
  • 「ただのつぶやき」×「ヤマヤタケシ」 = あまり価値ない。

新しい組み合わせを考えましょう。

さて、Botを作るなら、「機能」×「デザイン」=「価値」が最大になるものを優先的に数を撃つのがよさそうです。

・機能
例えば、
時計、天気、新着情報、雑学、地震、ニュース、乗り換え案内、株価、ネタ、名言、

・デザイン
例えば、
有名人、芸人、アニメキャラ、漫画キャラ、動物、神、神話、ブランド・・・

・組み合わせてみます

  • 「地震ニュース」×「なまず」
  • 「倒産ニュース」×「ナニワ金融道」
  • 「受験関連ニュース」×「バカボンのパパ」
  • 「バスケニュース」×「桜木花道」

ということで、今日の会議はここまでです。次回は、一般論から、個人の活動に落とし込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。