経常赤字国になりました。外貨を稼いでトントンにしましょう。

こんにちは。ヤマヤタケシです。
外貨を稼ごう!が最近のテーマです。

結論から。
外国製品を買うなら、それと同じ金額の日本製品を売らなきゃね。

日本で13万円のアメリカ製のiMacを買ったなら、13万円の何かをアメリカに売らないといけません。
じゃないと、日本は経常赤字になります。
もうなっていますけど。

12月貿易収支は1兆3021億円の赤字、赤字は18カ月連続=財務省
赤字という事は、貯金を食いつぶしているという事です。
会社を辞めてから1年が経過している私は、赤字の意味を身にしみております。
貯金が減るのです。

日本は長年黒字の国でしたが、赤字の国になりました!
大きな要因は原発停止のための燃料費らしいです。
円高が続いて輸出産業が大変だった時代が続いたせいもあるでしょう。
昨年は円安に誘導した事により、上場企業の利益が2倍になったそうです。

とはいえ、その数字のもう1つの要因はリストラが敢行されて人件費の削減も行われています。
会社は赤字になると、これ幸いと構造改革を断行します。赤字ですから残酷な解雇も大義名分があります。
社会的な注目度の高い大きな会社は、黒字のうちはなかなか解雇はできません。
どんなにやりたくてもね。
なので、赤字に転落したときには希望退職を募集して、特別損失を計上して次の期にV字回復!って言いたいんです。
どうも、2期連続赤字はシャレにならないようです。銀行内の格付けが下がって追加融資がうけられないとか。
ふーむ、恐ろしい。

イマドキの製品は、アメリカで設計して中国で作ったり、日本で設計して中国で作ったりしているので、どこの国の製品化は曖昧になります。
しかし、設計する日本人と、製造する中国人では製造する方が大量の人数が必要です。
残念ながら、日本人が全員設計している訳じゃありません。
日本で製造現場にいるという事は中国人との競争にさらされるという事です。

設計は少人数ですが、製造は大人数です。
日本人の多くは製造に関わっています。
けれども、これからは難しいけど設計とか経営とか営業とかやらないと海外で稼げません。
製造に関しては圧倒的なコスト競争力が海外にはあります。

いまさら、鎖国という名のブロック経済を構築はできないでしょう。地産地消もむなしい響きです。
安くて良い物を買いたいのは誰でも一緒です。
海外で安く売っているのを、高い関税をかけて日本で高値をつけるのはガマンできないのです。
とくに、インターネット時代は!
はは、中国のグレートファイヤーウォールもいつまで保つかね???
東ドイツが崩壊したのも多数の人が資本主義圏の生活に憧れたからですよ。

経済活動は暴力的ではありますが、基本的には人の欲しがる物を作って売るという人類にとって良い事です。
好景気で経済が回れば回るほど、お酒は消費され、原油は燃やされます。

楽しいじゃない!

訳も分からずに生まれた僕らは、訳も分からずに死ぬまで踊り続けましょう。
踊るためにも外貨が必要です。

赤字が続けば原油が買えなくなりますし、ウランも買えなくなります。
その前に黒字に、収支をトントンにしましょう。

そんじゃまた。

軽い気持ちで有名になりたいのでクリックをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。