人類の夢、自動的に稼ぐシステムを作りました。

こんにちは。ヤマヤタケシです。

ついに、人類の夢である自動的に稼ぐプログラムを作りました!

やった・・・、これで遊んで暮らせる!

そんなわけないです。

まだまだ、労働からは逃れられない先天性労働者です。
そして、休日にもプログラムを書いてしまうくらいにプログラマーです。

今回のシステムが稼ぐのはお金じゃなくてポイントですから。
しかも10円くらいの少額ですから。

でも、値引きに使えます!
チリツモです!

たまに、ポイント付きのメールが届きます。そのメールのリンク先のボタンを押すと次回の買い物の時に値引きに使えるポイントがもらえます。

このシステムは毎日自動的にメールをチェックして、該当メールのリンク先のページにあるポイントゲットボタンをクリックするプログラムです。

リンクをいちいちクリックするのは面倒です。
そんな時間があればもっと他のことやったほうが儲かります。
日本人の人件費は世界的に結構高いのです!

とか言いながら、なんだかんだこのシステムを作るのに5時間かかりました。
※ブログ更新時間を含みます。

ハハッ、想定時給*5時間を回収できる気はしませんね!

でも、これはプログラムの勉強としての投資です!
利子なんて0%にほど近い今日このごろ、数十円でも立派な資産構築です!

今回のシステムの要件を定義しましょう。

1. Gmailのメールをチェックします。
2. メールを解析します。
3. 本文にあるリンクをクリックします。
4. リンク先のポイント取得ボタンをクリックします。
5. これらを毎日自動で実行します

それでは、設計です。
今回はWindows7でRubyを使用しました。

上記の1 – 5を下記のように実装しました。
1. Rubyの Net::IMAP を使用します
2. Rubyの正規表現で解析します。
3. Rubyの Mechanize の get を使用します。
4. Rubyの Mechanize の page.forms[ ].click_button を使用します。
5. windows7のタスクスケジューラで決まった時間に自動実行します。

そういえば、utf7ってのもあるんですね。メールは7bitな世界だからutfも8じゃなくて7を使うようです。
さすがruby ちゃんと、 Net::IMAP::decode_utf7 でデコードできます。

今回のソースはあちこちからのコピペな私的利用なので公開しません!

その代わりに参考にしたURLを貼ります。
RubyでGmailからIMAP経由で未読メールを取得する
rubyでGmailのfrom・subject・本文を読み込みたい(Net::IMAP編)
class Net::IMAP
逆引きRuby – 正規表現(パターンマッチ)
楽々スクレイピング! Ruby Mechanizeの使い方

コンピュータの使い方の参考になれば幸いです。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。