読了:教団X

こんにちは。ヤマヤタケシです。
読みました「教団X」。

京極夏彦の新作に待ちくたびれている昨今、京極夏彦っぽい小説を求めています。
教団Xは、それに近い!近いけどなんか違う!けど、まあ、面白い。

謎はありません。
うんちくはたくさんあります。
叙述トリックはありません。
ミステリーじゃなく、なんだろう、架空のドキュメンタリー?か。

あぁ、うんちくや宗教的な知識が京極夏彦っぽいけれども、ミステリーじゃなく、妖怪でもないので、そこは片手落ちであります。

しかし、京極夏彦作品の「ひとでなし」はすでに、初期の頃のウンチク満載ではなくなっているし、ミステリーでもなくなっています。
私が求めているのは、初期の京極夏彦っぽい小説です。

・・・、もう出ないのか?

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。