Arduinoで電球を点滅させる!

こんにちは。ヤマヤタケシです。
Arduinoでなにかしら作ろうプロジェクトが地味に進行中でございます!
先日、LEDを点滅させましたが、どうせなら電球を点滅させたいところです!


はい、やってみました。
かわいそうなクリップ電球がArduinoの支配下に置かれました!

よく見るとLEDと連動していますね。

この回路は、秋月電子のソリッドステートリレーを使いました。
これを使うと、簡単にできるという情報を発見し入手しました。
通常のリレーだと、Arduinoの40mAでは動作しないそうです。
そういうときは、リレーを動かすための増幅回路が必要だとか。大変だ・・・。
ソリッドステート万歳!

電球1個だけじゃ、物足りないでしょ?

じゃじゃーん、4個版を作成しました!
ま、まぶしすぎるー!

100Vの結線は失敗すると、発熱して皮膜が燃えるらしいのでビビりながらハンダ付けしました。
圧着リングで結線するのが楽らしいですが、買いにいくのが面倒だったので次回に挑戦します。

まだ、絶縁していないのでうかつに触ると感電します。
絶縁テープを巻いて、プラスチックのケースで囲むところまでやりたいですね。

まだまだ、このプロジェクトは続くのです。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。