MacBookPro2009MiddleにUbuntuを入れた

こんにちは。ヤマヤタケシです。
Mac Book ProのYosemiteがカツカツつっかえるのにムカつきました。
Snow Leopardのときはあんなにも快適だったじゃないか!

そんなわけで、こいつの能力を活かすべく、Yosemiteを消しました。
LinuxとかFreeBSDとか入れたら幸せになれるはず!

と、おもって始めたのですが、知らないことをやるのは時間がかかりますね。
うーん、このインストールに難しさがもう、ふにゃふにゃに萎えます。

苦労の跡です。
有名なUbuntuならすんなり入るかと思ったら、ダメでした。
CentOSならすんあり入るかと思ったら、ダメでした。
FreeBSDならすんなり入るかと思ったら、ダメでした。
インストールは成功しているようですが、標準のブートメニューではFreeBSDは対応していないので起動できません。
rEFItというものをインストールすれば良いらしいのですが、Yosemiteのリカバリ領域をふっ飛ばしているのでインストールするには、iMacでリカバリイメージを作って、焼いて・・・みたいな手順が必要になります。残念!

UbuntuにはMac用のISOイメージがあったからすんなり入るかと思ったら、入りました!

  
入ったと思えば、日本語入力がイマイチ。文字の取りこぼしがあります。
なにやら古いIMEみたいなのを入れると直るらしいので入れました。直りました。
Chromeをインストールするとニコ生は見れました。
Chromeで日本語の入力ができません。
とりあえず再起動。
うーん、ダメ。

ちょっと求めすぎたか・・・。
ニコ生配信マシーンとしてはMacbook with Ubuntuは今のところダメだ・・・。
なんか色々いれればできそうな気もするのだけども。

  
そんじゃまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。