Pandocをちょっとだけ試す

こんにちは。ヤマヤタケシです。 Pacdocってのを試してみます。

あらすじ

俺は、技術書典3に行って、立ち読みなんかをしている中でPandocっていうツールを知ったのであった。 絶賛大流行しているMarkdownからpdfとかdocxとかhtmlとか作れるツール、それがPandoc。 他の形式の入力も出力もいっぱいだぜ!

試してみよう

ちょっと調べるとemacsのorg-modeも対応したみたい! こ、これは・・・。ゴクリ。 さっそくインストールせな! このサイトを見ながらやってみます。 多様なフォーマットに対応!ドキュメント変換ツールPandocを知ろう ほほう、Haskellで実装されているのか・・・。 ちょうど、Haskellを触ってみようと思っていたところだ。

Haskellのインストール

インストールさえすれば

pandoc input.org -o output.html

とかでいけるみたい。 まずはHaskellをインストール! 公式サイト からインストーラーfullをダウンロード&実行。 おわったので、commandプロンプトで

ghc
ghc: no input files
Usage: For basic information, try the `--help' option.

お、ちゃんとパスが通っている。地味にうれしい。

pandocのインストール

では、さっそく。

cabal update
cabal install pandoc

結構依存関係すごいっぽい。

この文章を変換

pandoc test.org -o test.html
pandoc test.org -o test.docx

お、できた。 うん、普通に便利。


そんじゃまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。