STAP細胞を主張する小保方さんは嘘はついていない

こんにちは。ヤマヤタケシです。
ド素人の感想でしかないですが、STAP細胞を主張する小保方さんは嘘はついていない!と思うのです。

この前、テレビで会見の映像を見ました。あんなに責められる意味がわからないです。圧迫面接です。マスコミの持ち上げて落とす戦略を目の当たりにしました。有名になるのが怖いですね。ヒドイもんです。マッチポンプです。人気者を作って地に落とすジェットコースターを民衆に提供する簡単なお仕事ですね。

マスコミ批判ではなくて、小保方さんの話です。俺は女性の嘘は見抜けない男ですが、会見を見ている限り200回以上成功したという言葉に嘘はないと感じました。もちろん「嘘をついていない」のであってSTAP細胞ができたかどうかはわかりません。ただ少なくとも小保方さんはそう確信しているのはわかりました。

幽霊を信じている人がいます。だって、その人は見えちゃったんです。
神の存在を信じている人がいます。だって、神を感じちゃったんです。 UFOを信じている人がいます。だって、木曜スペシャルで矢追純一が言っていたんです。

STAP細胞はあるんです。だって実験に200回以上も成功したんですものー!!!

小保方さんはその存在を心底信じています。

誰かが小保方さんが使う実験材料をiPS細胞にすり替えて、STAP細胞の作成に成功したと思い込ませることは可能でしょう。そういう作業は別の人が行っているようですし。そんな悪意がある人がいなくとも、心底勘違いすることはあります。実験の結果から推定するしかないので、どこかに勘違いや間違いがあるのかもしれません。だからネイチャーという雑誌の査読は厳しいそうです。

違った味方として、STAP細胞の作り方ってそう簡単に教えたくないはずなのです。例えば、特許をあえて申請しない会社があります。申請した時点で外部に出てしまいますから。スゴイ技術は独占してこそ利益がでるのです。スペア肝臓が今なら1000万円!!みたいな会社を作るならSTAP細胞の作り方は秘密にしておきたいのです。会見で小保方さんが「行って実験しましょうか?」と言ってましたが、誰かに怒られそうです。秘密をバラマキにいくのか!!けしからん!と。

理研は税金で動いているので日本の国益として、海外にその技術を流出させないようにした方がいいですね。スペア内蔵製造技術を日本で独占できれば、海外から重度の患者が日本の病院で手術して、軽く1億円くらいの外貨が稼げます。心臓の手術で日本からアメリカに行く逆の流れを作れます。

STAP細胞の技術はあまりに美味しいので、デマとかガセとかにして有耶無耶にするのは悪くない戦略です。外国の研究者の皆さんは、日本人が小保方さんをいじめている間にどんどん研究を進めるでしょう。そこにゴールドがあるのかわかりませんが、ゴールドラッシュです。

小保方さんの名誉の件は、さっさと追試験をすればいいですね。こういう動きがあるようです。
「STAP細胞を信じる会」発足 クラウド資金調達へ

この記事は虚構新聞です。しかし、虚構新聞は過去にも本当になった記事がいくつもあります。そのたびに謝罪しています。また謝罪すれば良いですね。虚構新聞はちゃんとウソと言ってくれていて助かります。他の新聞社はウソとは言わずにウソ言いますから。

小保方さんみたいな弱そうな理想主義者から、巨大な利権を横取りしたい連中がきっとハッスルしていることでしょう。この記事はもちろん、俺の妄想です。

参考URL

STAP細胞、取り間違えるな-Nature誌はバカではない 専門の学術reviewerが査読を精査に行う
笹井氏会見に識者「理研、機能してない」「このままでは夢の細胞」
STAP作製、小保方氏「200回」重ねて主張 時期や目的、補足説明

そんじゃまた。

軽い気持ちで有名になりたいのでクリックをお願いします!


STAP細胞を主張する小保方さんは嘘はついていない” への2件のコメント

  1. 馬鹿だねぇw
    本当に馬鹿だねぇ小保方信者はww
    突っ込み所はたくさんあるが、面倒臭いので一つだけ

    もし小保方がオッサンなら同じ事言えた?

    • 信じてたのに、ダメだったようです。
      ただ、オッサンでも同じことは言えます。
      小保方さん、後に引けなくなってドヤ顔を維持したのかなと思うと、それはそれですごいなとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。