UnityのJavascriptでState Patternをやる

こんにちは。ヤマヤタケシです。
今回の記事はUnityを初めて触るプログラマにちょっと役立つものです。
それ以外の人には意味がわかってもらえないでしょう・・・。

—-
設計を変更しました。↓の方がいいと思います。
UnityのJavascriptでState Patternをやる2
—-

最近触っているUnityのJavascriptは俺の知ってるのとは結構違っていて戸惑っています。
どうやら、UnityのJavascriptはC#の書き方をJavascript風にアレンジしたものぐらいに思ったほうが良いようです。
そもそもコンパイルされるし。
それぐらい違うのでUnityのJavaScriptを”Unityscript”と呼ぶ人も多いらしいのでその流れに乗りましょう。

さて、モード遷移を書くときにまずはswitchで書いたりしますが、すぐにステートパターン依存症が発動します。
Javascriptで書いていたようには書けないし、UnityScriptならではの書き方を模索しました。
いろいろ調べてたどり着いた書き方がこれです。
Unityscriptはclassがあって、interfaceが使えてimplementsするようなのでこうなりました。
コードがこうなるのならば、素直にC#を使ったほうが良さそうです・・・。

そんじゃまた。

軽い気持ちで有名になりたいのでクリックをお願いします!


UnityのJavascriptでState Patternをやる” への1件のコメント

  1. ピンバック: UnityのJavascriptでState Patternをやるその2 | ヤマヤタケシのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。