プログラミング言語Luaの良さをまとめてみた。

こんにちは。ヤマヤタケシです。
ランキングに挑戦中です。クリックしてやってください。→
人気ブログランキングへ

luaの本

このブログで何回も言っていますけど、Luaっていいですよね!
(Luaとはプログラミング言語の1つです。C,C++言語のアプリに組み込んで、開発効率向上のために使います)

2013.8.18(日)の勉強会に備えて、Luaの良さをまとめましょう。
Luaについてプレゼンをするけど、スライドは書かない!
書かないよ!
過去に書いた物と、

スクリプト時代
Luaは良い言語だなぁ
ビジネスならLuaを選ぶべきです。
パッケージ管理の時代がやってきました!
Macでtolua++をビルドする
ゲームのデータはテキストで書きたいです。しかしパーサーはどうしますか?

他人のスライドで乗り切ってみせる!

その良さを大いに語るプレゼンテーションを作成しようと思いましたが、既にある物は使いましょう。
プログラマは直交性を重視します。
既にあるものを再発明する事は、「車輪の再発名」として戒められております。

ということで、SlideShareから、良さそうなプレゼンを共有しようではないですか!

「Programming言語Lua紹介(Internet版)」

「最速の言語Lua」
ボリュームのあるプレゼンです。スライドの著者の勢いと熱を感じます。
Luaというものを駆け足で、一通り突っ走ってますね。

「Mobile Lua For iOS and Android with Ansca Corona.」
有料の開発環境です。
2D物理エンジンが組み込まれていて、Luaで開発します。
Luaの良さを語ってくれています。

使い方ビデオ。

日本で使っているひともいるみたい。

あぁ、有料なんだ・・・・。
UNITY以外の選択肢も視野に入れないとね。

コルーチン
Luaをはじめとした組み込みスクリプトを組み込む利点として、「コルーチン」の存在があります。
いいたい事は、ここに書いてありました。

http://marupeke296.com/LUA_No3_Coroutine.html

CやC++など「コルーチン」がない言語では面倒なコードもスッキリするのです。

言語としてのC++に「コルーチン」はないのですが、偉大なるBoostはそれを実装しています。
昔、使おうと思った事もありますが、Boostの標準に入っていないし、実績なさそうなので、未使用のままです。
意地でもC++で行く人は試してみて、結果をお知らせ下さい。

LuaとCの接続(バインド)方法は3種類。

  1. 手書き
  2. LuaStateのスタックをいじってやり取りするコードを自分で作成します。
    やり取りするコードを「グルーコード(糊コード)」といいます。

  3. tolua++
  4. 使った事あります。
    パッケージファイルから、C言語の「グルーコード」を生成します。

  5. luabind
  6. luabindは使った事はないです。

迷っている人もいますね。わかります。

http://blog.livedoor.jp/kaidouji85/archives/3142613.html

ということで、勉強会はこの記事をベースに話そうと思います。
つまり、この記事はネタバレなのです。

そんじゃまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。